不妊治療

35歳からの2人目不妊について

笑顔の女性

現在38歳、二児の母です。1人目の妊娠は33歳で、驚くほどすぐにできました。34歳で無事に出産、子育てをし、そろそろ2人目が欲しいなと思い、妊活を開始。始めは基礎体温など測ったりもぜずに、自然に任せていました。
ところが気づけば半年が過ぎ、一年が経とうとしていました。そこでやっと基礎体温計測開始。とても綺麗な山と、排卵日のストンとしたグラフを描いた基礎体温。これなら問題なく妊娠するはず。と周りにも言われていたのですがそれでも出来ませんでした。それからやっと不妊について聞こうと大阪の病院へ。因みに主人には内緒です。主人は自然に妊娠しか考えられない人なので、大阪の病院などは行く必要がないというのです。そんな悠長なことは言ってられない年齢にもなっていたので、1人でできる事は全てしてもらおうと思い通っていました。
大阪の医師からも綺麗な基礎体温だと言われ、原因が分からないのが余計に難しいのだと言われました。そして卵管造影を進められ、1人でできる不妊治療はそれで終わりだということも分かっていたのでチャレンジしました。
不妊治療は痛みもなく無事に終え、『卵管も綺麗ですよー。とっとと妊娠してねー』と笑いながら言われ、その半年後に自然に妊娠しました。卵管造影のおかげだったのかなー。と、考えることもありますが、今は二児の母を楽しんでおります!