不妊治療

不妊症の定義と社会背景

近代社会は晩婚化の影響により出産年齢も高齢化傾向にあります。その結果なかなか妊娠することが出来ず不妊治療を行なう人、不妊症の人も増えてきています。割合としては6人に1人が不妊症で、男性側に原因があるケースと女性側に原因があるケースとがあり不妊症の治療を行なう場合は男女共に病院に足を運ぶ必要があります。
不妊症の定義は健康な男女が妊娠を望み避妊をしないで性行為を行い、1年が経過しても妊娠しないケースを指します。以前は2年でしたが短縮した理由は男女共に35歳を過ぎると卵子や精子が機能的に低下することにより妊娠する確率が低下してしまうからです。出来るだけ早く不妊治療を行なうことが妊娠確率のアップに繋がります。
また妊娠しにくい人の特長としては女性の場合は冷え性の人、生理不順の人などを挙げることが出来ます。冷え性の人は血行が悪くなってしまっているので体の末端部分までしっかりと栄養や酸素が運搬されません。そして心臓や脳を優先し栄養は届けられるので、卵巣は生命維持の為には不要な期間と判断されてしまい栄養が行き渡らずに卵子の質が低下してしまうことになるのです。
だから最近は妊娠しやすい体になる為の妊活を行なう人が増えてきていますし、その為の妊活サプリなども販売されているので不妊治療を行なう前もしくは平行して活用してみることをお勧めします。

不妊治療を始める前に決めておきたいこと

不妊治療は体力的にも精神的にもさらに長期にわたると金銭的にもとてもつらい治療です。私は結婚して2年間子供を授からなかったので不妊治療に踏み切りました。その時にすでに30代を超えていたので早めに治療しようと思いました。不妊治療を始める際には夫婦で決めごとをした方がいいと思います。
それは大阪の病院で治療をどこまでやるかというボーダーラインを決めておくということです。体外受精まではやらないとか、金額がいくら超えたらやめるなどです。治療を長く続けていると精神的にもまいってしまいます。ここまでお金をかけたのだからと言った感じでやめることが出来なくなってしまうのです。だから冷静に考えられる最初に色々と決めておいた方が良いと私は思うのです。
私の治療は最初はタイミング療法を試しながら、ホルモンバランスを整えることをやりました。それでも結果が出なかったので、その次のステップとして子宮卵管造影というのをやりました。これは卵管がきちんと子宮まで通っているか造影剤(レントゲンに映る薬)を卵管に入れるというものです。卵管がきちんと通っているかもわかるし、さらに造影剤を通すことで卵管のつまりが治るという効果もあります。この治療は大変に苦痛を伴います。本当に痛かった!二度と体験したくない痛みでした。幸運にもこの治療のあと妊娠できたので。私の不妊治療は約1年、ここで終わりました。

男性の不妊について

不妊というと女性だけの問題とされがちですが、男性にも原因がある場合もあります。実際に私の旦那さんがそうでした。体は大きくて健康そうなのに精力的には人よりは劣っていました。原因はEDです。男性は頑張って行為をしても、なかなか上手くできない状態です。精子が出にくいのです。
だからか、私の旦那さんはあまりそういう行為をしたがりませんでした。男として、上手くできないと失望するらしいです。なので、子供が欲しくても上手く夫婦生活が出来ないでいました。
でも、結婚したからには子供は欲しいです。だから夫婦ふたりでいろんな努力をしました。精力にもいい食べ物を旦那さんに食べさせたり、亜鉛のサプリメントや精力に良いお茶などを飲ませたりしました。少しづつ改善はしましたが、やはり子宝には恵まれませんでした。なので、旦那さんに精子検査に行って欲しいと何度かお願いしましたが、なかなか行ってくれません。男性は恥ずかしいのかもしれません。それに精子の検査が悪かったらと思うと腰が引けるのかもしれません。その時、私はそう察しました。
その後、何とか不妊治療の為、大阪の産婦人科に2人で行くことが出来ました。そして、精子検査もすることができました。やはり精子の検査の結果はそんなにいい方ではありませんでした。先生の勧めもあって、人工授精2回目で授かることができました。男性も女性と同じように不妊は辛いものなのかもしれません。

大阪で不妊治療の評判がいいクリニックがこちら「レディースクリニック北浜」です!不妊大阪のことなら是非是非レディースクリニック北浜に相談してみてください!一組一組に合った適切な治療・相談を行っているとてもオススメなクリニックです。